Date :
2013/05/07

Category :
General

Posted by :
Maria

「志」あれば
道」もできる。
そして
「根気」があれば道は続き
願いも、叶う。

これは、昔の賢人たちが残してきた金言の要約ですが、
インタビューなどを見聞きしていると、
現代の成功者たちも同じことをおっしゃっています。

孔子が生きた紀元前から、現代までの文明の変化は、
人々の暮らし方や働き方を劇的に変えて行きました。
それに付随して、
願いの種類も多様化し、
叶えるための手段も増えて行きました。
スマートフォンが出来て、手のひらから世界中の情報を得ることができるなんて、
竪穴式住居で暮らしていた時代には誰も想像できなかったことでしょう!
ですが、
文明が進めばすべての人のすべての願いが叶えるのかといえば、
そうではありません。
願いを叶えるための神髄は、
いつの時代にも、
冒頭の金言にあるのだと思います。

「百里を行こうとする者は
九十九里を半ばとする」
という言葉がある通り、
物事を成し遂げるときには、
最後の最後が一番険しいものでしょう。
不測の事態が起きたり、
四面楚歌になったり、
大きなけがをしたりと、
まるで神様が自分を試しているかのように、
物事が急に上手くいかなくなってしまうものです。
あなたにも経験があるかもしれません。

こうした窮地に必要なものは、
自分自身の中にある「文化の力」です。
すなわち、
困難に負けない精神力、
ピンチをチャンスに変える発想力(教養・叡智に裏打ちされている高度な発想)
健康と体力、
周りの方々への礼儀と親切な振る舞い、
規則正しい生活、
未来を信じる明るい気持ち・・・・といったものです。

最後の苦しい状況のときに発揮されるこうした強い心の力は、
「神力」とでもいうような偉大な力を、
自身の中から“引き出して”くれます。
そして、
大事を成し遂げた人がしばしば語る
「真っ暗闇にパーッと光が射したような」
「まるで神さまが助けてくれているのではないかと思うような」、
奇跡のような出来事を次々と起こしながら、
あなたをゴール=夢へと導いて行くのです。

この素晴らしい潜在能力は、
すべての人に秘められています。
「志」を持つことが、
そのカギです。
「志」は、願い実現の初期から最後まで、
自身を様々な方面から支え導いてくれる、
魔法の杖なのです。

余談ながら、
白洲次郎氏がプリンシプル(理念)のある生き方を重んじたことはあまりにも有名な話ですが、
これもまた、古今東西変わらない、紳士淑女の生き様です。
多くの人々を導く役割を担う人々たちは、
自分なりの「志」を抱き、美学をもって生きていると思います。

















このことは自分にとって大きな願望であるほど実感しやすいと思いますが、
でも、ダイエットのような身近なものでも同じことです。















 
 

株式会社ノーブル 代表取締役
一般社団法人
日本プロトコール&マナーズ協会 理事長
ノブレス・オブリージュアカデミー校長
他歴任