Date :
2013/10/30

Category :
General

Posted by :
Maria

焦って身につく「本物」はありません

~「いつもうまくいく女性は『気持ちの整理』ができる」(三笠書房)85ページより~

私の新刊「いつもうまくいく女性は『気持ちの整理』ができる」をご購読いただいた全国の皆様、心より有難う存じます。
今日は、読者の方から人気のあった内容の一つを抜粋してお届けしたいと思います。

「作家の司馬遼太郎さんは、著書の中で、西郷隆盛について、「愛情の量が人並み外れて多い人物である」と書いていますが、なるほどと思ったことがあります。
そういわれてみれば、歴史上の人物の伝記を読んでいると、反対や妨害を乗り越えて事を成し遂げた人々は、総じて、あふれんばかりの愛情を人々や未来に注いでいることに気づきます。
そしてその愛情は、自分を誹謗中傷する人にさえも向けられているのです。
なんと強くて大きな心でしょう!
でもこれは、特別な心ではありません。
強くて大きな心、あふれんばかりの愛情は、
すべての人に備わっている宝石なのです。
(中略)
強く大きな心を持つもっとも確かな方法は、こうした人間の本質を深く理解していくことです。
するとやがて、たくさんの愛情が、自身の深いところからあふれだしてくるでしょう。
あせって身につく本物はありません。
でも、時間をかけて取り組めば、必ず、誰でも、強く美しい心を身につけることができます。」
~「いつもうまくいく女性は『気持ちの整理』ができる」三笠書房より~

人間を含めた地球上の生き物は、太陽がなければ生きて行くことはできません。
では、人間にとって精神的な面においての「太陽」とは、何であると思いますか?
私は、それは「愛情」だと思っています。
この愛情とは、好き嫌いという感情を伴う愛情ではありません。
生きていることへの感謝の気持ちや、
生きとし生けるすべてのものの平和を願う、
おおらかで優しい気持ちです。

そしてまた、こうした誰もがもつ愛情=太陽を引き出して行くこと。
それが、躾や、道徳や、プロトコール&マナーなどの、
人格を育てる教育の基本であると思っています。

今日もあなたの心に、ふっくらと豊かな愛情が広がる一日でありますように・・・。






Date :
2013/10/21

Category :
General

Posted by :
Maria

本日、18冊目の本が発売となりました。
いつもご購読いただいております読者の皆さま、
心からありがとう存じます。

タイトルは
「いつもうまくいく女性は『気持ちの整理』ができる」(三笠書房)。

今回は、「心と生き方の先生」としての一冊でございます。

「心の力は、大地の力。
あらゆることを受け入れ、浄化し、再生(立ち直る)するという、
心本来のダイナミックなパワーを取り戻しましょう!」
・・・という、常日頃からの熱いメッセージのもとに、
「心=感情の本質」から「感情の整理の仕方・ノウハウ」
まで、わかりやすくお伝えしておりますので、
ぜひご拝読いただけましたら幸甚にございます。

タイトルには「女性」とついておりますが、
内容は、人類共通ですので、
ぜひ、男性にも海外の方にもおすすめいたします。

因みに今回の著書の内容は、ノブレス・オブリージュアカデミーの
「NOAメンタルトレーニング 一般科」の一部をご紹介した一冊です。

心も体も、生きるためのお道具。
上手に使いこなす方法を身につければ、誰でも必ず、
自身に秘められているすぐれた潜在能力を花開かせて、
理想の自分になることができます。

Date :
2013/10/15

Category :
General

Posted by :
Maria

政府が、2020年東京五輪開催に向けて国際人養成に力を注ぐとの記事が、
日経新聞でもトップで掲載されています。
これに伴い、今日は皆さまに、
1964年の東京五輪の開会式に
記者として出席していた方がおっしゃっていた、
「入場行進の時の日本人観客の素晴らしいマナー」
のお話をお届けしたいと思います。

現在では、オリンピックをはじめ、
サッカーワールドカップなどの各種の国際スポーツ大会においての入場行進の時、
自分の国の選手団が入場すると、
観客の拍手や声援がものすごく大きくなります。
しかし、1964年の東京五輪の開会式では、
日本人観客はそうはしなかったのです。

「日本人の観客は、日本選手が入場した際に、
とりわけ大きな拍手や声援を送るということはしなかった。
日章旗を振るということもしなかった。
他の国の選手団に対しても、日本の選手団に対しても、
同じ拍手を送っていました。
どの国も平等に敬意をはらうというオリンピア精神は、
日本人の精神そのものでもあったのです」

このお話を伺った後で、
改めて、1964年の東京五輪の開会式の入場行進の映像を観てみました。
すると本当にその通りで、
日本人の観客は、日本選手団に対しても
他国の選手団に対しても、変わらない拍手を送っていました。
それは、日本に来てくれたほかの国々の方に対しての、敬意の表れであったのでしょう。
「遠いところからきてくださったのに、自分の国を特別扱いしてそこだけ声援が大きくなっては、
他の国の選手に申し訳ない。ましてや応援団の少ない国の選手に気の毒だ」
・・・・と、考えたのかもしれません。
いずれにしても、道徳教育が徹底していた当時の日本人ならば、
ごく自然の発想であったであろうと想像できます。

日本人は本来、真の国際人なのです。

そしてもう一つ素晴らしいエピソードを伺いました。
各国の選手団は天皇陛下御臨席の場所に差し掛かると
右(陛下がおられる方向)を向いて敬意を示すのですが、
その時、昭和天皇は必ず、一礼をなさっておられたそうです。

すべての方に平等に敬意を払うこと。
プロトコール(国際儀礼)はその精神と方法を具体的に教えています。
2020年に向けて、当協会ではその本物のプロトコール&マナーを
普及してまいりますので、皆様のご協力をお願いいたします。
ご一緒に、日本をよくしてまいりましょう!



Date :
2013/10/11

Category :
General

Posted by :
Maria

10月に30度を超えるのは90年ぶりとのことですが、
皆さまにはお元気でいらっしゃいますでしょうか。

さて、12~14日には、東京都食育フェアと代官山の猿楽祭りにて、
テーブルマナーレッスンを行わせていただきます。
タイトルは「美しくいただく、美味しくいただく テーブルマナー」。

講師は、ノブレス・オブリージュアカデミーで講師資格を取得なさいました、
美しい女性の皆様です。
お子様・ご家族様の集う楽しい秋のイベントですので、
どなたにもわかりやすい内容でございます。
ぜひ、遊びにいらしてくださいませ。

12・13日は、東京都食育イベントのブースにて。
場所は代々木公園ケヤキ並木通りです。
13・14日は、代官山のヒルサイドテラスです。

どうぞ実り多い週末をお過ごしくださいませ。

Date :
2013/10/02

Category :
General

Posted by :
Maria

いつもプレジデントファミリーの連載「上流階級のマナーレッスン」を
ご拝読いただき、心よりありがとう存じます。
皆様のお陰で、連載も1年が経ちました。

発売中の11月号は、
「結婚式でのジュエリーの選び方」です。
ぜひご拝読いただけましたら幸いに存じます。

また、10月23日には、三笠書房より新刊が発売となります。
タイトルは、「いつもうまくいく女性は、気持ちの整理ができる」です。
「心の力は、大地の力」であることを主軸に、
「ネガティブな感情は、実はポジティブなメッセージ」であることや
「心の問題をメンタル面のみで解決しようとしても不可能」であることなど、
感情と上手におつきあいできるようになるノウハウを濃縮しておりますので、
ぜひ楽しみにお待ちくださいませ。





 
 

株式会社ノーブル 代表取締役
一般社団法人
日本プロトコール&マナーズ協会 理事長
ノブレス・オブリージュアカデミー校長
他歴任