Date :
2013/05/30

Category :
General

Posted by :
Maria

愛する人と喧嘩をしたときには、自分が先に冷静になること。
淑女のマナーの一つです。

日本でも昔から、「済んだ喧嘩はいちいち蒸し返したりしない」と申しますね。
過去のことをいつまでもグチグチと言うネガティブな人のことを、江戸時代には「野暮だね~!」といって、とても嫌いました。
江戸っ子は人生への美学があり、とても「Cool!」だったのです。
フランスやイギリスも同じで、レディには、美学があるゆえに自ずと生じる、人としての賢さや懐の大きさがつきものです。
そして、このエレガントな心は、愛する人との仲直りにも発揮されます。

以前は、良家のお嬢さんがやがて嫁ぐ日に備えてお祖母様やお母様から教わる事の中に、”ご機嫌を損ねた男性への接し方”というものもありました。それは、彼よりも先に冷静になって、「私は彼の母親よ
と、気持ちを切り替えてしまうことです。
「男の方のわがままなど、子宮で受け止めなさい」という、なんとも肝の据わったヨーロッパの貴婦人教育がありますが、これなどは、「プレーン・リビング&ハイ・シンキング(足るを知る暮らし)」を地で行く、本物の上流社会の女性の生き方そのものといえるでしょう。そしてこうした器の大きさは、私たち本の女性の本来の姿でもあります。

喧嘩両成敗と申しますように、感情の行き違いには、双方に何かしら原因があるものです。ですから、
「恋人や夫がむっつりと黙り込んでいらっしゃるのでしたら、そっとしておいてあげること。お相手なりに考えているのですから、何か意見があれば後で言ってくるでしょうと、大きくゆったりと構えていらっしゃい」
「子宮がある分だけ、女性の懐はふっくら大きいと思っていらっしゃい。どんなに優れた男性だって、女性のお腹から生まれたのですから。それに、すべての男性は最初は、母親のお腹の中でメスだったのだから」
・・・という具合に思ってみてはいかがでしょう。きっと、彼の態度も変わってきます。

浩宮様のご教育係でいらした浜田実元侍従はご著書の中で、「母性がある限り希望がある」とおっしゃっています。
女性の、ふっくらさっぱりとした美しい心は、自分も人も社会も幸せにしてくれるパスポートだと思います。

Date :
2013/05/22

Category :
General

Posted by :
Maria

礼の道は、
人の道、神の道。
その逆もしかり。

数日前、デパートから、毎年恒例の「お中元ギフトのカタログ」が届きました。
「一年はなんて早いのかしら!」と、これもまた毎年恒例の感想を抱いた次第です。

お中元やお歳暮、お年始などは、
もともとは親元や目上の方のところに直接ご挨拶に伺うのが正式ですが、
それは、ご先祖様の魂だけではなく、生きている人の魂をも拝むという気持ちから出ているものです。(『社交と儀礼』研秀出版より一部抜粋)

今年のお中元のお品物は、生きている人の魂をも拝むという気持ちもこめてお選びになってはいかがでしょう?
きっと、何かが変わると思います。
それにしましても、昔の人の品性の高さや本質を見抜く目の鋭さは、本当に素晴らしいものだと感銘を受けやみません。

ところで、贈答を含む各国の礼儀作法(マナー)の起源は、
古代の自然崇拝の時代(森羅万象及びそこに宿る霊魂を「神」と崇めた時代)にまで遡ります。
宗教ができる前の時代です。
大自然と一体化し、森羅万象に畏敬の念を抱き、命あるものすべてと和を保ちながらよりよく生きようとした時代に端を発する「祈りの儀礼」が、何万年もの年月を経て整えられ、現代にも受け継がれています。
昔の日本人は、こうしたことを学んでいたのでしょう。
「礼儀」という文字は、神様にお供え物をする際の儀式を表しています。

こうした本物のマナーを知ると、毎日、一生行うことの一つ一つに秘められている深い意味が分かりますね。
姿勢ひとつ、会話ひとつ、食べることひとつをとりましても、
なんと美しく崇高な精神性が秘められていることか・・・。
「礼の道は、人の道、神(大自然)の道」とはこうした史実に基づく自論であり、生き方なのです。
































Date :
2013/05/20

Category :
General

Posted by :
Maria

6月19日(日)は、「ノブレス・オブリージュ クラス」の8回目「至高の藝術”オペラ”を鑑む」を新国立劇場にて開講し、
大好評のうちに終了いたしました。
講師は音楽プロデューサーとしてご高名な、坂田康太郎先生でした。
ご出席くださいました皆様には、誠に有難う存じました。

当日は、巨匠グラハム・ヴィック氏が現代の日本人に向けて演出した「オペラの歴史に残るであろうナブッコの初演」を堪能した、特別な一日となりました。
12:30~ 
坂田康太郎先生による、オペラの魅力と今回の「ナブッコ」についてのご講義
14:00~ 
ヴェルディの「ナブッコ」鑑賞   *ヴェルディ生誕200年記念特別講演
17:00~ 
イズマエーレを演じたテノール歌手・樋口達哉氏をお招きしての、アフターコンサートディナー
という、一日でございました。

余計なことを一切忘れ、藝術を純粋に楽しむ・・・美しいものに浸る・・・。
これ以上の贅沢が、あるでしょうか?

「人が人本来の心に立ち返り、よい知恵を生む源泉は芸術だ。
本物の芸術に触れた時、技術に狂った人の心も本来の人に戻る」
(元財団法人日本発明振興協会会長 海野幸保氏)
という言葉を、思い出します。

一方、世界のエリートと対等にビジネスや交流をするためにも、
オペラへの”生きた教養”は不可欠なものです。

昨今、有名高等学校などで、海外の有名大学に進学するために「英語漬け」にするカリキュラムが設けられています。
この流れは、どんどん広がって行くことでしょう。
国際社会で活躍するために語学力が必要であることは、申し上げるまでもありません。
しかし、これに加えて、
欧米諸国等のビジネスエリートたちと対等に仕事や交流を行うためには、
「オペラ」「文学」「自国の歴史」「マナー」といった、人間性を構成する教養の習得が不可欠。
実際に国際的なビジネスではこうした話題が、初対面のあいさつの際の話題にも上ってくる(どの程度の人物かを観られている・判断されている)のが現実です。

お子様や学生さんへの教育に携わる方には改めてご認識いただき、「実際に世界で通用する日本人を育てるカリキュラム」を組んで頂きたいと切に願っております。

ノブレス・オブリージュクラスの皆様、
よりよい未来を子どもたちに渡してあげるためにも、
ノブレス・オブリージュの精神をもって、
芸術や道徳を、日本にもっともっと浸透させて参りましょう。












Date :
2013/05/13

Category :
General

Posted by :
Maria

東京はすっかり初夏の陽気となりましたが、
皆様がお住まいの地域ではいかがでしょうか。

さて、本日は、久しぶりの講演会のご案内をさせていただきます。

テーマ:「今が変化のとき、あなたはもっと輝ける」
日 時:6月15日(土)12:00~13:30
会 場:新宿
詳細とお申込み:アカデミーまたは協会のトップページ「news」からご覧頂くことができます
          http://www.noble-group.jp

今回も、「自分力・日本力・向上委員会」の美しい女性委員の皆様に、
素晴らしい講演会をご企画頂きました。
『変わる』ために必要な考え方と行動方法について多角的にシリーズ化した、
講演第1回目です。

世の中がどんどん変化し、
仕事やコミュニケーションの方法や考え方も変化している中、
「自分だけついて行けていないのでは・・・」
「今の波に乗るにはどうしたらいいの?」
といった漠然とした不安や疑問を抱く女性も、多いのではないでしょうか。
今回の講演会では、そのようなモヤモヤを一掃する「変身術」をお伝え致します。
これから日本に何が起こるのか、
それに対して今何を身につけて行くべきかなど、
すぐに役立つ内容をお話したいと思います。
当日は、見事夢を叶えてご活躍中の女性の方々にもご登場頂き、
お話を伺う予定です。

ぜひ周りの方もお誘いの上お越しいただき、
高い教養と感動を共有していただけましたら幸甚に存じます。

皆様とお会いできますことを、
心から楽しみにお待ち申し上げております。














Date :
2013/05/07

Category :
General

Posted by :
Maria

「志」あれば
道」もできる。
そして
「根気」があれば道は続き
願いも、叶う。

これは、昔の賢人たちが残してきた金言の要約ですが、
インタビューなどを見聞きしていると、
現代の成功者たちも同じことをおっしゃっています。

孔子が生きた紀元前から、現代までの文明の変化は、
人々の暮らし方や働き方を劇的に変えて行きました。
それに付随して、
願いの種類も多様化し、
叶えるための手段も増えて行きました。
スマートフォンが出来て、手のひらから世界中の情報を得ることができるなんて、
竪穴式住居で暮らしていた時代には誰も想像できなかったことでしょう!
ですが、
文明が進めばすべての人のすべての願いが叶えるのかといえば、
そうではありません。
願いを叶えるための神髄は、
いつの時代にも、
冒頭の金言にあるのだと思います。

「百里を行こうとする者は
九十九里を半ばとする」
という言葉がある通り、
物事を成し遂げるときには、
最後の最後が一番険しいものでしょう。
不測の事態が起きたり、
四面楚歌になったり、
大きなけがをしたりと、
まるで神様が自分を試しているかのように、
物事が急に上手くいかなくなってしまうものです。
あなたにも経験があるかもしれません。

こうした窮地に必要なものは、
自分自身の中にある「文化の力」です。
すなわち、
困難に負けない精神力、
ピンチをチャンスに変える発想力(教養・叡智に裏打ちされている高度な発想)
健康と体力、
周りの方々への礼儀と親切な振る舞い、
規則正しい生活、
未来を信じる明るい気持ち・・・・といったものです。

最後の苦しい状況のときに発揮されるこうした強い心の力は、
「神力」とでもいうような偉大な力を、
自身の中から“引き出して”くれます。
そして、
大事を成し遂げた人がしばしば語る
「真っ暗闇にパーッと光が射したような」
「まるで神さまが助けてくれているのではないかと思うような」、
奇跡のような出来事を次々と起こしながら、
あなたをゴール=夢へと導いて行くのです。

この素晴らしい潜在能力は、
すべての人に秘められています。
「志」を持つことが、
そのカギです。
「志」は、願い実現の初期から最後まで、
自身を様々な方面から支え導いてくれる、
魔法の杖なのです。

余談ながら、
白洲次郎氏がプリンシプル(理念)のある生き方を重んじたことはあまりにも有名な話ですが、
これもまた、古今東西変わらない、紳士淑女の生き様です。
多くの人々を導く役割を担う人々たちは、
自分なりの「志」を抱き、美学をもって生きていると思います。

















このことは自分にとって大きな願望であるほど実感しやすいと思いますが、
でも、ダイエットのような身近なものでも同じことです。















Date :
2013/05/01

Category :
General

Posted by :
Maria

願いを叶えるためにも、
ご自分の顔を映したくなるような

あなたにとって「美しい鏡」を
愛用しましょう

鏡のフレームは
絵画の額縁のようなもの。
絵画が額縁次第でガラッと印象が変わるように、
鏡に映る女性の顔も、
鏡のフレームによって大きく印象が変わります。
エレガンスを磨きたい女性なら、
ヨーロッパ製の装飾豊かな鏡を愛用し、
毎日その鏡に自分を映してあげる。
アクティブに活躍したい女性なら、
シルバーブランドのすっきりと洗練された鏡に
自分を映してあげる・・・・
というように、
「鏡」も「願いを叶えるためのパートナー」として
愛用してみてください。
すると、少しずつ、
心や振る舞いが変わり、
自分を正しい方向へ導く直観力や判断力が磨かれて行くと思います。
「眼は、飛び出した脳」と言われます。
無意識のレベルで、脳は鏡に映るあなたのことも「記憶」していくのです。







 
 

株式会社ノーブル 代表取締役
一般社団法人
日本プロトコール&マナーズ協会 理事長
ノブレス・オブリージュアカデミー校長
他歴任