Date :
2012/01/27

Category :
General

Posted by :
Maria

心と体は、
自分の意志で使うもの。
レディとは
それができる女性です。

心も体も、生きるためのお道具です。
自分との出逢いもまた、一期一会。
縁あっていただいたこの人生を受け入れ、
まっとうしていきることは、
自分へのマナー=自分への敬意です。

その第一歩は、心と体の仕組みを学ぶこと。
そして「人生のパートナー」として、
仲良くお付き合いして行くことです。
人は、自分に対してできることは、
他人に対してもできます。
理性と愛情をもって自分を大切に出来る人は、自ずと、
周りの人をも大切にすることができます。

「自他への思いやり」は、マナーの基本であり、
レディレッスンの原点。
そしてこの美しい無償の愛情は、
生きとし生けるすべての人の中に、宿っているのです。


Date :
2012/01/19

Category :
General

Posted by :
Maria

すべてのことは
「不完全」から生まれる。

美しさも成功も、
この世界のすべてのことは、
不完全から生まれます。
完成されていない部分こそが、
進化向上・成長する部分です。
宇宙も不完全だったから、どんどん成長し、生命を宿して行きました。
もしも初めから完成されてしまったら、何も生まれませんでした。

自然界は不完全。
永遠というものも、ありません。
だからよりよくなって行く。
だから美しい。
だから子供は目覚ましく成長します。
怪我やハンデを負ったスポーツ選手は、怪我の前以上にすぐれた選手になる可能性が開かれ、
心に傷を負った人は、傷を負ったことによって秘めていた潜在能力を発揮し、
より深い人間性をもち、美しく強くやさしくなって行きます。
不完全を受け入れる心。
大地のような心こそ、
ノブレス・オブリージュ。
プロトコールの提唱する「紳士淑女の心」なのです。




Date :
2012/01/12

Category :
General

Posted by :
Maria

「目元の皺は人生の豊かさを表し
 口元の皺は人生の不幸せを表す」
チャーミングな女性は「幸せな笑顔」という最高のお化粧を
心にほどこしているのです。

レディの大切なたしなみの一つ。
それは、どこから見られても美しいことです。

この時に、日本女性には特に注意していただきたいことがあります。
それは、世間一般のいう「美しいメイク」や「美しいプロポーション」にとらわれすぎてはいけないということです。
聡明なあなたなら、もうおわかりですね。
美とは固有のもの。
美しさへの概念は主観によるものですし、国によっても違います。
マリリン・モンローやオードリー・ヘプバーンなどがそうであったように、
女性は誰もが「自分が自分のプロデューサー」となって、「自分の目指す美しさ」を明確にし、
そのために必要な情報を収集し実践することで、至福の人生を送ることができるのです。
ちなみに、女性誌が提案し日本女性の多くが目指す「スレンダー」は、モデルさんのように背の高い方がなさるなら素適。
でも、それほど背の高くない日本女性には、ご一考を。
なぜなら、一歩世界に出たら、とても貧相に見えるからです。
日本女性もこれからは、美しさにもインターナショナルな視点をもちましょう。

私も子供の頃から、審美眼の鋭いマダムの視線にたくさんさらされ、鋭いご指摘を頂きながら、
女性としての自分の美しさを探究してきた一人です。
このようなエピソードがあります。
今から15年ほど前、イギリス王室での晩餐会にお招きを受けた時のこと。
フランスのマダムが私に、このようなアドバイスをくださいました。
「あなたはほんのりブロンズ色のお肌の方が、もっと美しいのではないかしら?」
そして翌日に控えたパーティに間に合うようにと、セルフタンニング・ジェルを探してきてくださったのです。
このアドバイスは偶然にも、日頃母からしばしば言われることと同じでもあり、
「自分固有の美しさを体現しているマダムの視線と行動力」というものに改めて敬服した出来事でした。

女性は誰もが、美の演出家。
そう思うと、なんだか心がウキウキしてきませんか?

最後に、ヨーロッパの淑女の視線をあなたに・・・
「目元の皺は人生の豊かさを表し、
 口元の皺は人生の不幸せを表す」
チャーミングな女性は、幸せな笑顔という最高のお化粧を心にほどこしているのです。
(幸運を引き寄せる女になる「淑女塾」(三笠書房)より一部抜粋)



Date :
2012/01/01

Category :
General

Posted by :
Maria


謹んで新春のお慶びを申し上げます
新しい年を迎え、皆様にはいかがお過ごしでいらっしゃいますか?
女性の皆様には、年の瀬の忙しさから来るお疲れが残りながらも、
新鮮なお気持ちで、穏やかなお正月をお迎え遊ばされたこととご拝察申し上げます。
わたくしは、今年20歳を迎える大学生の娘に本格的な花嫁修業を始めまして、
年末には一緒に、「お節料理」を作りました。
娘の担当は、にしんの昆布巻き・田作り・生酢など、日本の伝統的なお節料理です。
お正月の意味、一の重・二の重・三の重の意味、器の選び方、おもてなしの仕方など、
日本の母として知っておいて欲しいことを伝えながら、
「こうして一緒に暮らせるのも、きっとあと数年なのね・・・」という、ちょっぴり寂しい気持ちが浮かんでは消え・・・。美味しくて切なくて、感謝でいっぱいの年末でございました。

ところで、年末にはもう一つ、嬉しい出来事が増えました。
電子書籍「Maria Kozuki Beautiful Lady Series」vol.1
「いつまでも愛し愛される 幸運体質になる習慣」発行:ウインブル)が、発売となりました
(予定よりも1カ月早くなりました)。
自分の主軸を持った本質的な生き方を求める方、
真のエレガンス・ライフを求める方に、
ぜひお読み頂きたい一冊です。
紀伊国屋書店・SONY・TSUTAYA・SOFTBANKなどからご購入頂けます。
(電子書籍をお読み頂くためには専用ソフトが必要となります)
今は、手の平に「世界」が載っている、本当に素晴らしい時代ですね。
今年は「幸運」も載せて、ご一緒に、笑顔溢れる一年を創って参りましょう!
ご自分のために、愛する人のために、希望ある社会のために。




 
 

株式会社ノーブル 代表取締役
一般社団法人
日本プロトコール&マナーズ協会 理事長
ノブレス・オブリージュアカデミー校長
他歴任