Date :
2011/09/28

Category :
General

Posted by :
Maria


「10歳までの子育ての教科書」(アスコム)
が、9月30日に発売となります。

帯に「子育てのスペシャリストたちが特別講義!」とあります。
脳科学・生物学・行動学・塾の先生・コーチング・小児神経科など、
様々な分野のスペシャリストの先生方が、それぞれの立場から
見解を述べておられ、私もその中の一人としてお話しています。

私は、「教えて!子育ての新常識」
という章の中で、
「どうしたら頭の良い子に育てられるの?」
「努力出来る子にするためには?」
という2つの質問にお答えしています。

本書は、様々な観点から子育てについて考えることのできる
とても良い一冊です。

子育てのやり直しは難しいものです。
ぜひこちらの本もご参考頂き、
のびのび・いきいき・楽しい子育てを!と願っております。

Date :
2011/09/16

Category :
General

Posted by :
Maria


ファンの方から、しばしば、このようなご質問を頂きます。
「(仕事などにおいて)先生が、”これは実行しよう”と決める際のポイントはありますか?」

はい、ございます。
わたくしは、新しいプランを実行に移すにあたっては、
皆が反対することは、実行いたします。
ですが、皆が賛成することは、実行いたしません。
このように、非常に明快です。

想像力と記憶は、表裏一体です。
人は、何かを発想する時には、脳にしまってある「過去の記憶」をもとに想像いたします。

ですから、皆が賛成するものは、こういうことです。
「すでに手がけている人や企業がたくさんあり(成功しており)、始めた所で二番手十番手百番手である」

逆に、皆が反対するものは、過去の事例が皆無、または大変少ないということです。
あったとしても、そのことは失敗例として記憶されているかもしれません。
つまり、「誰もやっていないこと」「やっていたとしてもごく限られた人(企業)だけ」
という、「宝の山」であるということです。
多くの人が反対する内容には、「成功の種」が、たくさんつまっているのです。
「世界にひとつだけの花」というものは、こうしたところに咲くと思いませんか?
ですから、わたくしは、反対する人が多ければ多いほどそのプランに可能性と魅力を感じ、
それを実行に移すのです。

もちろん、道なき道を歩くわけですから、一筋縄には参りません。
心労も、労力も、時間も、人の何倍も費やします。
ですが、人生そのものが、心労と労力と時間を費やすものでございましょう?
ならば私は、自分の生命を、素晴らしい日本を作ることに使い切って死にたいと思うのです。
そのくらい、振り切って、潔く生きています。
ですから、毎日が、「生きている」という実感で輝いています。

やがて終わるのが、命の定め。
働かせて頂ける時間は、限られています。
40才を過ぎたら、残りの人生、世のため人のために羽ばたけばよい。
自分が自分が・・・と、自我中心の自分探しをするのは、20代でおしまい。
30代で「自分は何を残して行けるか」を模索し、
40代でそれをはじめ、死ぬその日迄続ける。
これも、「真のレディ」の生き方です。




Date :
2011/09/12

Category :
General

Posted by :
Maria

昨日も大勢の方にご受講頂き、誠にありがとう存じます。
心より感謝申し上げております。

古代日本人の、自然と一体化して生きる考え方と生き方。
その根底にあるものは、「自他の命への礼儀」です。

天地の間に生きるすべての生命は、等しく尊い。
「生まれてきてくれて、ありがとう」
「産んでくれて、ありがとう」
「活かしてくれて、ありがとう」
この心が、日本人の心であり、物事を考える主軸であることを、
様々な観点からお話をさせて頂きました。

この美しい心を存分に発揮して、
潜在能力を思いきり開花させて、
与えて頂いた生命を、
輝かせて参りましょう。

次回は10月30日は、
来年の運勢についてお話させて頂きます。
変動の大きい宇宙・地球・世界・日本の情勢はまだまだ続きます。
来年は、今まで以上に、一筋縄ではいきません。
ぜひ多くの方にご受講頂きたい内容です。
皆で幸せを享受して、よりよい2012年に備えましょう。













 
 

株式会社ノーブル 代表取締役
一般社団法人
日本プロトコール&マナーズ協会 理事長
ノブレス・オブリージュアカデミー校長
他歴任