Date :
2009/07/16

Category :
General

Posted by :
Maria

関東地方は梅雨も明け、蝉も元気に鳴き始めました。
皆様にはいかがお過ごしでいらっしゃいましょうか。

それにいたしましても、毎日お暑いことでございますね・・・

夏は夏らしく暑くあってこそ稲育ち、秋は収穫を迎え神人喜び、冬はその種に滋養が満ち、春再び大地に根を張り新芽吹く・・・という「産霊(むすひ)」の循環があり、それが古来から続く日本の魂であり、日本の原型なわけですから、「暑い暑い」と天に向かってブツブツ申し上げると罰があたってしまうでしょうか(笑)

ところで皆さまはこの夏、どのようなご予定ですか?

私は毎年、夏はレッスンをお休みさせていただいて、学びの季節と決めています。
学びといっても学校に通うのではありません。
個人的に、「日本の原型の探究」をライフワークの一つにしておりまして、それに取り組むのです。
取り組む・・・というと眉間に皺がよりそうですが(笑)私の場合は物から入るので、実に楽しいのです。

まず日頃から折にふれて、美術館や博物館や骨董屋や書籍などで「先人の手の跡」を観て回っています。
その中から「これは」というものをその夏のテーマに選び、それが誕生した地に赴き調査研究させていただきます。

今年は日本最初の歴史書「古事記」がテーマなので、改めて、出雲の国に旅する予定です。
何か新しい発見があるかしら・・・と思うと、今からわくわくします。そして、美味しい郷土料理も。

皆様の夏も、実り多き素晴らしい夏でありますように。

 
 

株式会社ノーブル 代表取締役
一般社団法人
日本プロトコール&マナーズ協会 理事長
ノブレス・オブリージュアカデミー校長
他歴任